仮想通貨580億円の流失は金融庁の計画の一部でしょ。と疑っています。

NO IMAGE

仮想通貨

お金持ちになりたい

今、世間を賑わせている仮想通貨。

一気に広がりと値上がりを見せ、何がホントで何が嘘かもわからない中、誰もが手探り状態な雰囲気は伝わってくる。

最近ではCMもよく見るようになり、芸能人も投資しているなら何かあったとき騒いでくれるから安心でしょうと高をくくり投資してみようかなと心が動かされるのは事実。

金持ちのほとんどは仮想通貨をやっているといったイメージが先行している日本では、仮想通貨もっていないの?仮想通貨もってないなんてずっと貧乏のままじゃんと言われているみたい。

安い仮想通貨を少額でいいから持っていれば、いつの日か値上がりして金持ちになれるかもと考えます。

仮想通貨に興味を持っている人は全員、そんな気持ちを持っているのではないでしょうか。

事件

そんな中起きた今回の仮想通貨流出事件はなんてタイムリーなんだと思わざるを得ないタイミング。

金融庁が審査している最中に起こった出来事だとニュースで聞いたときには、金融庁が仕掛けた大それた事件事かと思いました。

流失した仮想通貨の在処はわかっているけれど、盗んだ人物は特定できないなんてニュースが流れたら、もはや政府機関が何かやってるとしか思えなくなって、仮想通貨に手を出すのは怖いことなのではないかと恐怖を感じました。

この恐怖こそが狙い。

仮想通貨市場が手に負えなくなった金融庁が、仮想通貨に手を出すとこんな事もあるんだよと知らしめる為の計画。

知らしめることが目的だから、流失した金は返金する事ができるのだと。想像と妄想が膨らんで余計な事ばかり考えてしまう。

事件の当事者である、あの記者会見を行った人達が、同じスーツを着て同じネクタイとワイシャツを着ているのを見て政府の人間にしか見えなくなってきた。

それぞれの政府機関お抱えの裏で何かをしている人達かしら、なんて。

懲りないね

でも、こんな事件が起こっても仮想通貨に投資する人はいなくならないわけで、自分が勉強していないからそういうことに巻き込まれてしまうだ、だからしっかりと勉強をして自己責任でやりましょうと言う考え方が一般的。

勉強って言ったって何をどう学べばもいいかわからないし、誰が教えてくれるんだとなってしまう。

儲かっても儲からなくても、仮想通貨を持っていたいと思ってるし、少額だったら負けても仕方が無いと思いながら購入している。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。