そもそも、少子化対策ってどんな対策?現代社会の大問題を今の今まで解決できずにいる政府に対してエンゼルでも何でもないじゃないか。

そもそも、少子化対策ってどんな対策?現代社会の大問題を今の今まで解決できずにいる政府に対してエンゼルでも何でもないじゃないか。

少子化対策の歴史

日本政府は、少子化対策を打ち出していますがどんな対策なのでしょうか?

1990年(平成2年)、女性が一生に産む子供の平均をあらわす合計特殊出生率が、当時過去最低の1.57だったそうで、これを世に言う「1.57ショック」と言います。

政府は、出生率の低下と、子供の数が減少傾向にある事を由々しき事態と認識し、仕事と子育ての両立支援などの子供を産み育てやすい環境づくりの対策検討を始めました。

エンゼルプラン(今後の子育て支援のための施策の基本的方向について)策定

対策検討を始めてから4年後の1994年(平成6年)12月にようやく具体的な計画が策定されました。

エンゼルプランを実施するために、保育所の量的拡大や低年齢児保育、延長保育などの保育サービスの充実、地域子育て支援センターの整備等を図るための「緊急保育対策等5ヶ年事業」が策定され、1999年(平成11年)年度を目標年次として整備が進められることとなりました。

 

はい、この時点で「少子化少子化」と騒がれてすでに4年の歳月がたっております。

政府はまず保育所の事を考えたんですね。

大事なことですが、子供を産むか産まないかで悩んでいる夫婦にとっては、子供を産む決断の決定的な判断材料にはなりません。

頭がいい人がそろって考えているのだからもう少し早く考えられなかったのかと疑問は残りますが、ようやく少子化対策について何かが動いた瞬間です。

新エンゼルプラン(重点的に推進すべき少子化対策の具体的実施計画について)

1999年12月「少子化対策推進基本方針」とエンゼルプランの方針に基づく重点施策の具体的実施計画として新エンゼルプランが策定されました。

新エンゼルプランはエンゼルプランを見直したもので、2000年(平成12年)年度から2004年(平成16年)年度の5ヶ年計画で、保育関係だけでなく、雇用、母子保健、相談や教育事業も加えた内容になりました。

その後、政府は2003年(平成15年)7月に「次世代育成支援対策推進法」を制定。同年9月から施行。

いろいろやっても少子化に歯止めはきかず・・・。

新しい少子化対策

2005年(平成17年)、1899年(明治32年)に人口動態の統計をとりはじめて以来、初めて出生率が死亡数を下回り、出生率は106万人、合計特殊出生率は1.26と、いずれも過去最低を記録しました。

2006年(平成18年)6月、「新しい少子化対策について」が決定され、子供の成長に応じて子育て支援のニーズが変化することに着目して、妊娠・出産から高校・大学生期に至るまでの年齢進行ごとの子育て支援策を掲げました。

少子化対策の検討を始めた1990年から16年もたったというのに少子化に歯止めがかかりません。今になって思えば、政府の対策を期待して子供を産まなくてよかったと思いました。

2007年(平成19年)12月、「子どもと家族を応援する日本」をとりまとめる。

2008年(平成20年)2月、「新待機児童ゼロ作戦」を発表。

2009年(平成21年)1月、「ゼロから考える少子化対策プロジェクトチーム」を立ち上げる。

2010年(平成22年)1月、「子ども・子育て新システム検討会議」発足。

2012年(平成24年)3月、「子ども・子育て新システムに関する基本制度」決定。

2013年(平成25年)4月、「待機児童解消加速化プラン」を策定。

2014(平成26年)年度、待機児童が多い市町村等において「保育緊急確保事業」が行われる。

2015年(平成27年)4月、子ども・子育て支援新制度の施行。

子供を産むことへの不安と期待

子供を産んで育てることに期待と不安があります。子供を生み育てることへの不安は人それぞれですが、一番不安な事は経済的なことです。



共稼ぎでも、車のローンに家のローン、生命保険に、と月々支払金額が決まっているにもかかわらず、昇給があるのかないのかわからない状態での生活は、子供を作ってやっていけるか不安しかありません。

収入が少ないよりは、多い方が子育てをする上で楽なのは間違いありません。収入が少ないと自分も我慢し子供にも我慢を強いる場面が出てきます。

自分だけの我慢ですむのなら耐えられても、子供に我慢をさせるのは忍びありません。

金銭面の不安から逃れられず、

 

「まだ、いらないんじゃない」

「まだ、ほしくないかも」

 

といった夫婦はたくさんいます。

経済的な心配をしていると、そのうちやってくるのは体力の心配。

「まだいらないんじゃない」から「もう、いらないんじゃない」に考えがシフトしてあっという間に月日がたちます。

子供を作ることには計画ではなく、勢いも大事です。若さ故に勢いで乗り切れることの方が、年をとってから乗り越え得られないことより楽にできてしまいます。

子供を生んで育てることは楽しくて幸せなことであると思い描いて作ってしまう。いいと思います。

10年前に子供を産んでいたらもう10歳になっていたな、なんて思ってももうあの頃には戻れません。

政府の対策が保育所の量的拡大や低年齢児保育、延長保育などの保育サービスの充実、地域子育て支援センターの整備等を図るための「緊急保育対策等5ヶ年事業」よりもまず先に、手当やお金のことについて政策を打ち出してくれていたら、もう少し本気になって子供を産んだ夫婦がどれだけいたでしょうか。

 

 

決して、子供を産んでいない人は寂しい人間だと言っているわけではありません。寂しいと一瞬でも感じてしまった事がある部分対して寂しくないと言っているのです。病気になった時やけがをした時は、ふと寂しいと思ってしまうことがあります。

お金があれば子供がいなくてもと思っていても、家族や友達と呼べる人間がどんどんこの世からいなくなっていったときの心のさみしさはぬぐいきれません。

 

政府が少子化対策を検討してから27年もの歳月がたちましたが、子供が増えている感覚はあまり感じません。しかし、待機児童が増えているという情報を聞くと子供の数が増えているのではないかと思います。

 



%d人のブロガーが「いいね」をつけました。