自分に取り柄がないと思っている人が選ぶ仕事。どんな仕事が向いているの?

取り柄がない人の仕事

就職活動をするにあたり、自分の取り柄はなんだろう?どんな仕事を選べばいいのだろうと考えますよね。

取り柄がないと自分に自信を持つことができませんし、自分に合った仕事を選ばないと人間関係も上手くいかず仕事が長続きしません。

自分に取り柄が無いと思っている人はどんな仕事が向いているのでしょうか?

 

流れ作業の工場

取り柄のない人に向いている仕事は流れ作業の工場です。

特別な資格も必要とせず、与えられた作業をひたすら繰り返すだけです。

一度覚えてしまえば、自分に与えられた作業に関してのみレベルを上げることができます。

欲をかかず、能力給などの手当を望まなければ、会社にとってはとても雇いやすい人材です。

しかし、自分に与えられた作業のみがベテランになってきたからといって、給料UPを望むのであれば、自分に与えられた作業以外に他の作業もできるようになったり、もっとまわりを見れるようにならなければなりません。

季節労働や期間限定の仕事

繁忙期だけや冬の寒い時期などの誰もやりたがらない時期の仕事です。

仕事の内容はさほど難しくはありません。重要な仕事をするわけではないので、特別な資格や技能、取り柄がなくてもOKです。

限られた期間のみなので人間関係で悩むこともありません。

工場などの清掃員

工場のトイレや床、窓など決まった箇所の清掃をする仕事です。毎日同じ箇所の掃除をするだけなので頭を使うことなくできる仕事です。

頭を使うことと言ったら、汚い部分をきれいにしようという事だけ。

主に床やトイレの清掃が多いす。

床はモップや箒を使って行うので、肉体的にも疲労感はありません。

トイレ掃除に関しては人が嫌がる作業なので、毎日きれいにしてくれてありがとうといった言葉を貰うこともあります。

本当に取り柄がないか考える

自分には本当に取り柄がないか、もう一度考えてみましょう。

誰もが生まれつき取り柄が無い状態です。生きていく上で取り柄を身に着けていきます。

大々的な取り柄でなくても、何かしらの取り柄はあるはずです。

自分で自分の取り柄がわからないときは、親や友達に聞いて見てください。

「優しいところ」と言う返答が帰ってきても、それは立派な取り柄です。

次に、その取り柄を活かせる仕事を考えてみます。これもまた自分で考えがまとまらないときは他人に聞いてみます。

自分を客観的に見ることは以外とむずかしい事で、一人で考えれば考えるほどわからなくなっていきます。

職探し

職を探す前にまず、自分を分析します。

わからないときは他人の意見を聞くなどして自己分析表を作成します。

そして、自分の取り柄を最大限に活かせる仕事を見つけ、職業にする事で、自分に合ったやりがいのある仕事となるわけです。

取り柄がないから、取り柄がなくてもできる仕事を探すのではなく、自分の取り柄を見つけてそれを活かせる仕事を見つけましょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。