代表取締役が逮捕。社員全員解雇の真実。解雇された人が知っておくべき事。


38歳 男 大阪人 補助金不正受給で逮捕

ブラックベンチャー企業立ち上げ

特許を取得した技術をひっさげてベンチャー企業を立ち上げた代表がいました。

すでに大手の企業と契約しており、ゆくゆくはアップル社にも製品を売り込んでいく予定である。

この製品はどこの企業もなし得ていない画期的な製品であり、世界から注目を浴びる事間違いなしである。

グループ企業は10社にもおよび、グループ内で製品をグレードアップさせていくシステムになっている。

この企業の売り文句がこんな感じです。

代表の素性

38歳。大阪人。男。2人兄弟の長男のほう。一流の大学を出ているらしい。既婚者で子供は4人。弟は別会社の代表をしている。大阪の実家は小さな何かの店を経営している。

社員が知っていた代表の情報はこれだけです。

情報社会である現代において、ネットで調べてもこの程度の情報しか集めることができないのは、彼らが素性を証していなかった上に、調べる側の知識のなさ故にこの程度しか知り得なかったのだと思います。

大手求人サイトへの掲載

大手の求人情報サイトである「エン転職」に求人が掲載されておりオープニングスタッフとして正社員の募集です。

知名度があり、国内最大級の転職サイトとうたっている求人サイトなので掲載されている求人にブラックなものはないと安心感を覚えます。

求人掲載は「エン転職」のみなので、検索条件に就業場所を指定すればピンポイントで検索されます。

面接

エン転職に応募後、グループ企業の採用担当者からの連絡により面接の日程が決まります。

書類選考となっていましたが、2日後には面接を致しますのメールありです。

採用

面接後、約1ヶ月音沙汰がありません。

こちらから連絡をとることで「採用」致しますの返答。この時点で、「ヤバい」企業であるニオイがプンプンしているのは確かです。

現在、勤めている企業を退職して転職をするべきか悩んでもベンチャー企業の情報が少ない。調べても調べてもマイナスになる情報が見つからない。

そして、今より月給料が上がることに目がくらみ転職を決意。

2月にオープニングスタッフとして10名のメンバーが集められました。

仕事

オープニングスタッフなので1日の業務といったら、どういう方向性で業務を進めていくかの検討と社内の備品の購入・設置などをメンバーで分担します。

マシーンを稼働させても製品を少ししか作る事ができず、業務としては何もできることがない状態が続きます。

そこで、いまだに顔も知らない代表を含む経営陣から、メンバー10人の中の半分はグループ企業での業務を行うようにとの指示がありました。

詐欺まがい

入社して1ヶ月、募集内容と食い違う部分があらわになってきました。食い違う部分を採用担当者に何度も問い合わせてもまともな答えは返ってきたことはありません。




食い違う点

○基本給に皆勤手当が含まれていた事

○会社が起動にのるまでグループ企業で就業する事

そのほかにも、おかしな点がたくさんありすぎて本当のブラック企業なのだと理解しました。

入社1ヶ月で、転職を考え求人を検索し始めますが、1ヶ月で退職することがなんとも悲しくて半年頑張ってみようかなという気持ちで、入社1ヶ月での退職をやめました。

エン転職への問い合わせ

エン転職の掲載内容と就職してからのギャップの疑問を、エン転職側に問い合わせを行ったのですが、

「当サイトでは弊社担当者が企業を訪問し取材を行った上で求人情報を掲載しているため、求人通りの条件での採用が行われなかった今回の件につきまして、弊社から企業様に状況確認と注意指導を行い、弊社担当者へも共有いたします。

なお、念のためのお伝えとなりますが、弊社でできる事は、企業への注意指導と求人修正のみとなり、お宅様と企業が結んだ契約内容等には介入できかねます。誠に恐れ入りますが、その点ご了承頂ければと思います。」

とのなんとも頼りない解答でした。

代表逮捕

代表が補助金不正受給で逮捕されました。

一度も顔を出すことなく存在しているかも疑問視されていた代表が逮捕されたというニュースが流れました。

なぜかニュースでも名前のみので顔を見ていません。

それから2ヶ月、資金繰りが悪化し社員全員解雇したのが8月。入社して6ヶ月後の出来事です。代表の顔を一度も見ることなく終わりました。

遅かれ早かれ退職は考えていましたが、まさか解雇される事になるとは思ってもいませんでした。自分で選んだことではありますが人生初の「挫折」と思える出来事である事には変わりありません。

解雇でもらえるお金

解雇予告

企業側は労働者を解雇しようとする場合、使用者に対して少なくとも30日前には解雇する旨を通知しなければなりません。

もし、30日前に解雇予告をしないと30日分以上の平均賃金を支払う義務が生じます。

代表が逮捕されてからの1ヶ月

代表が逮捕されてからすぐに、オープニングスタッフ全員を解雇する事になりますと口頭では聞かされていました。

解雇日は経営陣で話しあってから書面で通知いたしますという情報のみで、解雇されるまでの約1ヶ月は何をするでもなく社内でダラダラと過ごす日々です。

代表の代理と弁護士

今回の解雇劇に関しての疑問をすべて答えますといって、留置所に拘留されている代表の代理と弁護士が顔を出しました。

やはりそこでは貰えるお金の事に焦点が当てられ、質問はすべてお金の事。

代理の回答はスラスラと明快でしたが、弁護士は何もわかっていないのか、いちいち「あ、ちょっとまってください。今調べます」の繰り返しで的を得た答えを出すことができません。

雇っている弁護士がこの程度では、企業の質が悪くても仕方がないと思います。

退職金

代表が逮捕されてしまった事で、資金を集める事ができなくなりました。よって企業としては資金がないため退職金を支払うことはできません。

会社自体も銀行の抵当に入っているため売り払うこともできません。との解答。

保釈金

グループ企業としては代表を留置所から保釈しなければならないので、保釈金として1,000万円は使用できない資金として確保してあります。代表が保釈されないとますます資金繰りが悪化してしまうので、優先順位として保釈することが最優先です。といった説明です。

メンバー全員猛反対をしましたが、その答えが覆ることはありませんでした。

解雇手当

使用者側がやむを得ない理由で労働者を解雇する際、通常は30日以上前から解雇の予告をする必要がありますが、予告期間を設ける代わりに支払われる手当のことです。

代表代理は、30日以上前から解雇予告はしていたが、解雇手当も出します。解雇手当を約2ヶ月分支払うので納得してほしい、今出せる金額はそれで精一杯だとのこと。

納得はできなくても、今のところ出せる金額がそれしかないという事で、解雇手当はその金額を貰い、代表が保釈され資金調達できるようになった際には上乗せで解雇手当を支給することを約束しました。

この一部始終のやり取りは録画しており、いつでも公にすることができます。

失業保険

雇用保険の被保険者だった人が、定年や倒産、自己都合により離職し、失業中の生活を心配する事なく、1日でも早く再就職する事を支援するために支給されるものです。

解雇による失業給付受給

失業保険は加入期間に応じて、何日貰えるか決まっています。解雇になったらすぐにでもハローワークに確認しましょう。

すぐにでも再就職を希望する場合は手続きは不要ですが、自己退職では解雇されたときほど失業給付金は貰えません。

解雇された事をプラスに考え、失業給付金を貰っている間に自己啓発に努めるいい機会と考える事も悪くはありません。

転職

求人サイト

求人サイトにはたくさんの求人が掲載されていますが、その中にはブラック企業も紛れているかもしれない事は確かです。企業側は採用したいが為に魅力的なことしか掲載しません。

全国規模での求人が掲載されているため、担当者が把握できていないことは多々あるとは思いますが、賃金のことは正確な内容を記載してくれることを望みます。

面接でも賃金の事を確認する事はあまり印象がよくないと言われていますので、掲載されている内容を信じるしかありません。

ハローワーク

ハローワークで検索することができる企業は、ある程度の情報はハローワークで把握しています。把握できている情報はすべて教えてくれますので、聞きたいことをすべて確認する事が自分の為になります。

しかし、ハローワークに行くためには平日でなければならない事が面倒くさい。




求人サイトにしろハローワークにしろ、まず自分で企業の情報をリサーチする事がとても大切です。

自分で調べてもあまり情報を得ることができない企業に就職することは賭けと思ってトライする気持ちで行きましょう。

気持ち

解雇されるなんて誰もが思ってもいないことがおきたとき、そのピンチを如何にチャンスに変えられるかは人それぞれのモチベーションによります。

どんなに自分を強い人間だと思っていても、予想していなかったことがおきたときそれを乗り越えるために、何をする事が一番いいかなんて誰もわかりません。

お金がほしいという気持ちで突き進むのであれば、すぐにでも就職をして仕事をしてもよし、自分のスキルを上げる為に学校に行くもよし。

やり方は十人十色で方法もさまざま。

気持ちを腐らせることなく前に進んでいかなければ、価値のない人間になってしまいます。

今やっていることが必要なことと疑わずにやるしかありません。

やってやりましょう。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。